【エストニア】バルト三国の玄関口、タリン

バルト三国とはあまり耳にしないかもしれませんが、ヨーロッパ旅行で近年人気上昇中のエリアです。
北欧とロシアをミックスしたような雰囲気があり、旅慣れている方でも新たな発見ができるおすすめのエリアです。
今回はバルト三国の中から、最も北の国エストニアの首都、タリンを紹介していきます。

概要

名称

タリン Tallinn

所在地

エストニア北部

アクセス

北欧からフェリーでのアクセスが便利です。
というのも、港から旧市街までのアクセスがとてもいいので飛行機よりも簡単だと思います。
フィンランドのヘルシンキから2時間。
この路線はフェリー会社も3社あり時間も豊富に選べます。
スウェーデンのストックホルムからは夜行船が出ています。
こちらはタリンクシリヤラインという会社のフェリーです。
チケットはスマホアプリがあったりとても便利でした。
夕方発で10時くらいに到着します。

こんな人にオススメ

ヨーロッパの主要都市は旅行をしたという方
おとぎ話のような街並みが好きな方
ヘルシンキで時間を余している方

滞在時間

ヘルシンキからは日帰りツアーがあるほどです。
朝到着で夕方に帰るプランでも十分に観光できると思います。
私はストックホルムから夜行船で着いてその日に一日観光、次の日の朝にバスでラトビアへ向かうという弾丸旅でしたが十分楽しめました。

費用

フェリーの料金は夏季とそれ以外で少し変わってきます。
私が利用した夜行船は一番安い部屋でひとり100ユーロくらいでした。
移動費+宿泊代と考えれば、北欧の物価を考えればお得だと思います。
しかもフェリーの中はレストランやバーはもちろん、カジノやキャバレー、ナイトクラブなるものもあり、非日常が味わえてとても楽しかったです。

アピールポイント

フィンランドから2時間で日帰りも可能というのが最大のポイントです。
北欧でもない、西ヨーロッパでもない雰囲気は旅慣れた方こそハマるかもしれません。
しかし、旧市街はおとぎ話のようなかわいい街並みで写真映えにもGOOD!
北欧よりも物価がかなり安く、フィンランドから買い物のために訪れるひともいるのだとか!
北欧周遊のスパイスとしてとてもおすすめです。

パステルカラーと茶色の屋根がかわいい旧市街

バルト三国。
最近まで名前も知らなかったのですが、ちょうどWindowsのトップに出てきた景色がこのタリンの旧市街で、それから一目ぼれをして絶対に行きたい!と思った街でした。
ちなみに旧市街は世界遺産に登録されているみたいです。

そして、ストックホルムからの17時間の船旅ができるという旅の浪漫。
飛行機でもよかったのですが、いつもできない船での宿泊に憧れてフェリーを選びました。
そしてユーレイルパスを持っていると3割引き(閑散期だと半額)になるのがバックパッカーにはうれしくて。

17時間を終えた感想は「船酔いがつらい。」という一言・・・。
もともと船が弱い私ですが、2回酔い止めを飲んでなんとか持ちこたえました。
それくらいバルト海は波が荒いのでしょうか?
無事に到着できてよかったです。
船旅する人は酔い止め持って行ってください!(笑)

港から旧市街の入り口までは、なんと歩いて15分。
旧市街は城壁に囲まれていて、いくつか入り口の門がありますが、港から近い北のスール・ランナ門までは15分、有名なヴィル門までは30分弱といったところです。
このアクセスのしやすさが、ヘルシンキから日帰り旅行も初心者でも簡単にできるポイントです。

こちらがヴィル門。

エストニア、タリンのヴィル門

門を抜けると旧市街のラエコヤ広場までは1本道。

エストニア、タリンの門の向こう

旧市街ながらも、レストランや近代的なショップでとても賑わっています。
広場にむかって観光客もたくさん。
道に迷うことはありません。

そして視界が開けると、

エストニア、タリンのラエコヤ広場

パステルカラーの建物に囲まれた旧市街の中心部、ラエコヤ広場に到着です。

とっても広い広場には大道芸をする人がいたり、とてものどかな雰囲気。
シャボン玉をする子供達もいて、かわいい街並みにとてもマッチしていました。

そして途中にはこんな不思議なお店も。

エストニア、タリンの不思議なお店

魔女の格好をしたお姉さんたちが、あまーいナッツを売っていました。
ここだけハリーポッターの世界に迷い込んだみたいで、とても面白かったです。
ほかにもハーブを使った商品など、本当に魔法使いみたいでした。

そしてタリン観光で外せないのが、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂というロシア正教会の建物です。

エストニア、タリンのアレクサンドル・ネフスキー大聖堂

タリンが他のヨーロッパとなんとなく違う空気を感じるのが、ロシアの影響だと思います。

実はバルト三国の各国はどこも独立して間もなく、EU加入や通貨がユーロになったのも比較的最近のこと。

また、ロシアの支配下にあったために、このように他のヨーロッパ各国では見ることのできない珍しいロシア正教会の建物があります。
サンクトペテルブルクにあるようなドームの形がかわいくて、しかしどこか威厳のある不思議な教会です。

そして街中の通りは、

エストニア、タリンのパステルカラーの建物

やはりパステルカラーがかわいい。
おとぎ話の世界観と言うと、ドイツの村やチェコのプラハなどが代表的かもしれませんが、タリンはそれよりもこぢんまりとしていてどこか落ち着きます。
一見二番煎じのように見えるかもしれませんが、色使いがやわらかくてやさしい。

近隣で言うと、ストックホルムのガムラスタン、ポーランドのワルシャワなんかもおとぎ話のような世界で個人的におすすめですが、これらはもう少し色が濃くて主張が強いイメージなのです。(あくまでも主観的ですが)
なので、このふわっとしたかわいさはタリン唯一な気がしますし、絶対女の子は好き!!
これだけは言い切れます(笑)

エストニア、タリンの広場

城壁付近の広場には花壇があってとてもきれいにお花が咲いていました。
こういうところにもキュンときてしまいます。

そんなかわいくて仕方がないタリンの街を一望できるのが、丘の上にあるコホトゥオツァ展望台です。

エストニア、タリンの展望台からの眺め

タリン旧市街の中には、いくつか街並みが一望できる展望スポットがあるのですが、いちばんのおすすめは、これから紹介するコホトゥオツァ展望台です。

港の方面に向かっているためバルト海まで見えます。
写真でも奥のほうに海が見えると思います。
残念ながら工事中の建物がいくつかありましたが、茶色い屋根が広がる街の景色は、まるでシルバニアファミリーの世界に入り込んだよう。
けっこう高い場所なので、人や車などがミニチュアに見えます。

さて、おなかもすいてきて何を食べよう?というところです。
日本を出て一週間弱。
恋しいのはお米。

ということで、

エストニア、タリンで頂く中華料理屋のチャーハン

ついついご飯に手を出してしまいました。
日本食屋さんは歩いてみた限りなさそうで、中華料理屋さんはいくつかあったのでお世話になりました。

そして中華料理って安い!
チャーハンは5ユーロくらい。
解せなかったのが、3ユーロした烏龍茶がぬるすぎて全然味がでていなかったところ。
チャーハンは本当にこれはヨーロッパなのか?というくらいとてもおいしかったです。

今考えるとエストニア料理ってどんなのなんでしょうか・・・?
私も未知なるエストニア料理、みなさん食べてきてください(笑)

まとめ

いかがでしたか?
日本から直行便のあるヘルシンキで近年利用する方が増えてきていると思いますが、そんなヘルシンキから船で2時間。
北欧テイストとはまた違ったかわいさのあるエストニアの街、タリンへぜひ行ってみてください。

※この記事は2019年9月に行った際の体験談です。(20代前半/女性)