【静岡】富士山の絶景も楽しめる!日本最長の人道吊り橋

日本屈指の温泉地として人気の伊豆と箱根。
その間に位置する三島スカイウォーク。
東京や名古屋からのアクセスも良いことから、2015年の末に開業して以来、多くの方で賑わっています。
今回はその三島スカイウォークをご紹介していきます。

概要

名称

三島スカイウォーク

静岡県、三島スカイウォークの入口

所在地

〒411-0012 静岡県三島市笹原新田313

アクセス

JR三島駅南口
5番バス乗り場から東海バスで約20分

沼津IC・長泉沼津ICから一般道で約15分

こんな人にオススメ

家族連れやお友達・カップルと、子供から大人まで幅広い方にオススメできるスポットとなっています。
アクティビティもあるので、体を動かすのが好きな方もオススメ。
アクティビティにはキッズコースもあるので、小さなお子様も安心して楽しむことができます。
歩道幅は広めに作られているので、車椅子の方も問題なく渡ることが可能です。

滞在時間

当日の混雑具合にもよりますが、吊り橋を往復するだけだと20~30分程度です。
しかし食事したりお土産屋さんを回ったり、アクティビティを楽しんだりと様々な過ごし方が出来るので1~2時間は楽しめると思います。

費用

大人 :1,100円
中高生: 500円
小学生: 200円
幼児 : 無料

アピールポイント

正式名称は箱根西麓・三島大吊橋というそうですが、三島スカイウォークの愛称で親しまれています。
全長400メートルの三島スカイウォークは、歩行者専用の吊り橋として日本一の長さを誇ります。
そこから眺める富士山はまさに絶景!
迫力ある景色を眺めることが出来ます。
しかも、三島スカイウォークでの過ごし方は吊り橋を渡るだけではありません。
吊り橋を渡った先には、休憩するのにピッタリなスカイガーデンやレストラン、展望デッキなど施設も充実しています。
またアクティビティではスリル満点のロングジップスライドを楽しむことが出来るので、訪れた際の思い出づくりにオススメ!

日本最長の吊り橋から眺める日本最高峰の山・富士山

静岡県、三島スカイウォークの富士山

絶対晴れの日に行くべきです!
なぜなら富士山がこんなにも綺麗に見えるから!
絶景スポットはやはり晴れの日に限ります。

荒天によって通行制限がかけられたり営業中止になることもありますが、基本、雨が降っていても吊り橋を渡ることは可能です。

しかし安全上の都合により傘をさすことができないので、カッパを着て渡ることになります。
雨の日はカッパを入場ゲートで無料配布しているみたいです。

日差しが強い晴れている日でも日傘はさせないので、UV対策をお忘れなく!

そしてこの吊り橋、太くて頑丈そうですが思ったより結構揺れます。
風がない日でも橋の上は別です。
私が訪れたときはゴールデンウィークで大混雑していたので、人の多さの影響でこんなにも揺れているのかと思いましたが、それはあんまり関係ないみたいです。
帽子も飛ばされないように注意してください。

吊り橋効果も期待できる!?

吊り橋効果とは、吊り橋を渡る際の外的な要因のドキドキがときめきや恋愛のドキドキと勘違いしてしまう現象です。
実際に渡ってみて思いましたが、結構揺れるし高いしスリル満点です。
そして足元は隙間から地面が見えるグレーチング構造になっているので、少し怖かったです。

これは確かにドキドキを勘違いしてしまうかも・・・?
「カップルの聖地」でもある三島スカイウォークは、カップル向けのイベントが開催されていたり、恋活・婚活ツアーで訪れる方もいるそうですよ!
好きな人と訪れると、吊り橋効果も期待できるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
各方面からアクセスしやすい場所なので、箱根旅行とセットで訪れる方が多いみたいですよ!
温泉だけでなく少し足を伸ばして、大自然や絶景鑑賞も楽しんでみてください。

※この記事は2018年5月に行った際の体験談です。(20代前半/女性)