【千葉】東京湾を眺める!大仏だけじゃない!ゲームの世界?!鋸山日本寺

「こんな近くに海に山に体感できる場所があるなんて!」
新鮮なサプライズを感じられる鋸山(日本寺)のご紹介です。

概要

千葉県、鋸山日本寺の風景

名称

鋸山日本寺

所在地

千葉県安房郡鋸南町鋸山

アクセス

JR内房線・浜金谷駅もしくは保田駅下車
※ロープウエイで日本寺山頂まで行きたい場合浜金谷駅下車

館山自動車道富津金谷ICから車で10分(国道127号線を館山方面へ)

こんな人にオススメ

普段ウォーキングとかしていて、ある程度体を動かしていて、同じような感覚で自然の中を歩きたい人、登山を始めたいと思っているスターターにおすすめです。
険しいコースはなくて、随所にベンチの用意があるので、子連れのファミリーや高齢の方にもおすすめです。
見どころが沢山あるので、登山以外も同時に楽しみたい人は120%の満足度です。

滞在時間

昼を挟んで5時間位滞在しました。
途中花や岩場、眼下に広がる房総半島、大仏や仏像などいちいち反応して撮影しまくりながら登ったので長時間になりました。

費用

日本寺の参拝料
大人 700円
子供 400円

ロープウェイ
大人(12歳以上)片道500円・往復930円
小児(6歳以下) 片道250円・往復450円

山頂駅待合所の乗り場の売店で軽食が食べられます。
日本寺に入らないコースならお金はかかりません。

アピールポイント

都心から程よい遠さで行ける心地いい海と山のある田舎にあるパワースポットです。
日本寺までの山道は緩やかで気楽に登れます。
靴も革靴とかじゃなければ問題なしです。
それでいて適度な岩場とか高い木の間も歩くので、ちゃんとトレッキング感を味わえ「山登りしました!」と心おきなく発信できます。
日本寺はそんなに広くない範囲に大仏とか展望台とか見どころ満載で、退屈することなくいつの間にか心地よい疲労感が得られます。

まるでゲームの世界

鋸山に訪れる人の多くが日本寺を目指すと思います。
「鋸山行ってきました」とコメントを添える一枚としては、山頂エリアの崖から南房総を見下ろす地獄覗き体験の写真でしょう。

そんな人たちの行列を横目に、狭い展望スペースで持参のランチを広げました。
こちらは人はまばらで行列を俯瞰できるポジションで、ソーシャルディスタンスを気にせず長いベンチで気分よく食べられました。

その後は大仏エリアまで下りました。
山と一体化した、他では見られない大きさだけじゃない存在感に感動しました。
ここは見るべきでしょう。

ところで一番紹介したいのは、日本寺に行くまで道の所々に残る石切場跡です。
まるでゲームの世界に迷い込んだような非日常を味わえました。
耳を澄まさなくても聴こえてくる鳥や虫、蛙の鳴き声に吸い込まれていつの間にか大自然に溶け込んで歩いていました。

帰りだけロープ―ウェイを利用しました。
本数は多いので少し並べばすぐ乗れます。
森や崖を眺めながら、東京湾がどんどん大きくなってきました。

ところがにわか雨の予報がピンポイントに的中しました。
ガイドさんの生アナウンスが途中から動揺の声色に代わり、車内に変な一体感が沸き起こりました。
乗車から下車までの5分間に天気は完全にひっくり返りました。
金谷港まで傘なしで土砂降りの中歩きました。
自然への無力さを思い知らされたというか、最後の最後にこの旅の「Awe体験きわめた!」という忘れ難い時間で旅を締めくくりました。

まとめ

お楽しみいただけたでしょうか?
首都圏に住んでいるなら絶対行くべきだと思います。
スピリチュアルとか信じない人でも、日常と離れて強いパワーを感じられる、名ばかりじゃないパワースポットです。
千葉県も「東京ディズニーランドだけじゃないね」と思えて来ること間違いなしです。

※この記事は2021年5月に行った際の体験談です。(50代前半/女性)